2008年08月28日

長時間ホラーイング。

今日昼寝して見た夢がB級映画かってくらいスプラッターでホラーだった。
夢占いにもまとめきれない雰囲気の長さ。とりあえずグロ注意。

知らない人7,8人と墓場を探索中、隠し通路(墓場の群れに隠れていたが道があった)を発見。
そこにあった、何かお猪口が輪の形に置いてあって、そこに対応する人が乗ると道が開くみたいな仕掛けを解こうとした。詳しくはさっぱりだ。
それに失敗して、そしたら石段が起き上がって、そこに立ってた人(不正解の人らしい)を壁と石に挟まれて潰される。それから周りの石段が変形して坂になって、凄い勢いでローラーみたく回転して、私達は走って戻ろうとしたんだよ。
地割れみたいなのも出てきた(ここらへんが一番B級映画っぽかった)から、飛び越えたんだけど、2人ぐらいその地割れの底に落ちていった。
人数減ったけど、何とか近くの村にある私達が泊まってる旅館に戻った。

で、部屋に着くと急いで私達は小さな白い石を握り締めた。
それは人の中の魔力みたいな神通力みたいなチャクラみたいな?ものを吸い取って、その力を辿って敵がこっちに来るのを防ぐためのもの。
だけど他の人には効いたんだけど、私には効かなくって(力が大きすぎてその石では吸い取りきれなかった)、その後ゾンビ来襲。
このゾンビは普通のとは違って、人の形はしてるんだけど(落ち武者みたいな服装)何かすごい透明なドロドロに包まれていて、もののけ姫のデイダラボッチの生首みたいにヌメヌメしてる。
バイオハザードって言うよりも、巻物から出てきたっていう印象。
そしたら旅館の従業員さん(何故か母親みたいに思っていた)が自分が持っていた、私のより強い力を持つ石を私にくれて、部屋まで乱入してきたゾンビに立ち向かっていった。
他の人の協力もあってゾンビを捕まえたら、そのゾンビはさっき地割れに落ちたり石に潰された人達で一同驚き。
抵抗できないようにそいつらを縛り上げていたら、そのゾンビ達の親玉来襲。上半身が機械化しててヌメヌメじゃあなかった。

石の力は効いてるんだけど、手の中でもう5円玉みたいに小さくなったり穴が開いたりしてて、敵は強そうだし「これはもう敵わない」と思って私逃亡。
神主さんみたいな格好をした敵ゾンビ(非ヌメヌメ)の間を駆け抜けて、旅館を脱出したら村人も襲われていて、「ヤバイヤバイ!」と思いつつ走ってたら烏天狗(ぬらりひょんの孫に出てきたの)数羽に米ぬかみたいなのをかけられた。
これは石の力を無効化するやつで、かけられた部分は敵に視認されてしまうから、これはもう私終わったなぁ、私死ぬのかなぁと思ったところで目が覚めた。

…夢的には史上最長だった気がする。文章的にも長いわこりゃぁ。
ていうか誰か小説化してくれませんか、食われるだけとは思うけど続きが若干気になる。

そんな感じで最近お昼寝が多くて夜眠れません。
今日朝8時まで眠れずにベッドの上でぼーっとしてたもん、どうしよう。


posted by 早月 at 22:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 様々な事を語ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。