2006年01月21日

続々・ペレちゃんのおはなし。

三日連続の暗い話ですいません…。明日からまた元に戻ります。

ガラスの写真立てを買った。中にペレの写真を入れた。
最後に撮ったのは4,5年前で、写っているペレは全然元気だった。
当時11歳。その後だったんだろう。ペレが痩せ始めたのは。

窓を開ける。ガレージからペレの臭いは消えていた。冬の清々しい空気が吸えた。
ペレの姿も気配も消えていて、あるのは花束だけだ。
「ペレちゃんがいない」「もういないんだね」そう話した後に窓を閉める。
何だか少し、心が痛んだ。

今頃ペレの身体はお墓の中で眠っていて、魂は何処かを走り回っているだろう。
もう生きてはいないから、元気でいればそれでいい。お友達できるといいな。

土日でのんびり休んで、月曜日に学校へ行ってからジャンプ立ち読みします。
デスノート実写化の噂をこの目で確かめねば、うん。


posted by 早月 at 23:52| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 様々な事を語ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。