2006年10月31日

その涙を咬み殺せ。なんて言ってみたいよなぁ。

たらこ・たらこ・たらこを歌いながらたらこスパを食べました。
学校へ行く時もたらこ・(略)を聴きました。どうも蒼晴早月です。
それでも帰りはしんみりと、1月に死んだ愛犬の事を思い出してました。

だって女の子だもんとほろりとしていたら猫の死体を見てしまいました。
車のライトに照らされた黒い影。光をはね返す血は登る途中の坂道を流れてて。
……もう嫌です。合掌して家帰って大泣きしました。
何でペレちゃんの事を思い出したら猫が死んでたの。何でこんな時に死んじゃったの。
何で真っ先に出てきたのは「怖い」って感情なの。悪い想い出じゃなかったはずなのに。
何で楽しかった思い出とか全部消えかかってるの。嫌だそれも嫌だ怖いよ。
何で記憶って消えちゃうの?何でペレちゃん持っていくの?
死に顔も怖いの。思い出したくないの。
でも忘れたくないよ、やだよ怖いよ、やめてよ。
ねぇ、みんな死んだら持っていかれちゃうのかな?

ペレちゃんが死んだ時、私の中にいたペレちゃんは皆若い時の姿だけ。
何でもっと構ってあげられなかったの、何で死んじゃったの。
生きてるだけで良かったんだってどうしてもっと早く気付かなかったのって後悔しました。
一匹だけで死なせてごめんね、もっと見てあげるべきだったねって。
その時点で私の記憶は古くなってきていたんです。

記憶って時が経てば経つほど薄れて消えていくものじゃないですか。
思い出そうとしないでおくほど早く消えるじゃないですか。
正直、変わり果てたようなペレちゃん、怖かったんです。
後悔したんです、というか今もしています。
そのマイナスな気持ちすらも怖くて、思い出さないようにしていたんです。
そしたら10ヶ月と2週間で、ペレちゃんはこんなにも消えていきました。

ごめんね、分かってたんだ。
分かってて、でも怖くて、その気持ちも受け入れられなかったから思い出さなかったんだ。
そうしたら、犬小屋の前を通る事も平気になっていったんだ。
あれは受け入れる事じゃなかったよね。忘れる事だったよね。

じゃあ私、どうすればいいんだろう、怖いのを受け入れるのにも時間かかるよ。
でも時間かけたらもっとペレちゃん消えるじゃないの。
けど、忘れようとしたらますますペレちゃんは消えていくじゃないの。

どうすればいいの?どちらにしろ、怖いよ……。
私も死んだらみんなに忘れられちゃうのかなぁ?


posted by 早月 at 00:18| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 様々な事を語ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
少しばかり居ても立ってもいられなくなったのでコメントすることを許してくださいね。

死に対しての一つの考え方を、あるFlashから教わりました。
もしもまだ悩み続けているときは、是非見てみてください。
これを自分の答えにするかどうかはわかりませんが、少なくとも考え方を知ることはできると思います。
ハッキリ言って生きてる者の勝手な解釈、思い込みに過ぎないのかもしれません。というかわしは正直そう思いました(汗
でもどう思っているか、もう聞けないのならば、せめて顔向けできるように前を向くしかないんじゃないかと思います。
たくさんあった記憶は確かにわずかばかりになってしまうけれど。
でもそこまで消えて欲しくないと願う記憶なら立派な結晶になって残るでしょう。
ふとした時にしか思い出せないようになってしまっても、それが在ったことには変わりがないから。

よかったら一度見てみてくださいな。

ttp://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468
(直リンはまずいかも?なのでh抜いてます、最初に足してやってくださいね

ではまた遊びに来ます(ω・ )ノシ
Posted by 風芽 at 2006年11月01日 01:18
どうもお久しぶりですー!
コメント有難うございます。

死んだ後の事なんて、生きてる者には分かりません。
分からない以上、勝手に解釈をするしか無いのです。
だからこそ三途の川やら天国地獄極楽浄土、天使様から閻魔大王、そんでもって死んだ後には何にも無いぞ〜まで色んな考え方があるのでしょう。
一度それらを全部組み合わせたら面白いだろうなぁとは思っていますが、生憎私に知識がなくって(笑

でも肝心の私はというと、死についての解釈は持たないようにしてるんですよね。
だってもし考え方を持ってみて、いざ死んだとして、実はそれが間違ってた〜となると微妙に悔しくなるじゃないですか(笑
それでもあっさり順応するとは思いますけどね。
……それって私だけ?

そんな事言いつつ、フラッシュでばっちり泣いてた自分もいるんですけどね。
死ネタは究極的に弱いです。

でも本当は、できればどっかいいトコで好きなだけ走り回っててほしいなんて願いならあるんですよね。
生きてた時は立ち上がるのにも苦労してましたから。
死ぬまでペレの事覚えてていたいです。
臭かったけどずっと大好きでいたいです(笑

いつだって遊びに来てください、大歓迎ですv
それじゃあ、蒼晴早月でしたー。
Posted by 蒼晴早月 at 2006年11月03日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

愛犬のしつけで悩むのはそろそろ終わりにしませんか?
Excerpt: トイレが出来なくて家中いたるところでおしっこをするので掃除と臭いで困っていました。 プロのトレーナーにやってもらったりもしましたが一時的なもので終わりました。 山口さんの所で本当のしつけを学び何が原因..
Weblog: 10日でムダ吠えが止まった!116人が成功した極秘しつけ術
Tracked: 2006-10-31 11:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。